ひざサポートコラーゲンの臨床試験とは?

ひざサポートコラーゲンは豊富に種類があるので、自分にあったサプリメントを選ぶことが重要です。

こちらのサイトでは数多くのサプリメントを比較しているので参考にしてみてはいかがでしょう。⇒膝サプリ大集合 ~比較表付き~

また、ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品としての資格を取得しています。

その資格取得に不可欠な臨床試験の内容について、概略をお話ししてみましょう。

■機能性表示食品としての必要要件。

ひざサポートコラーゲンは、膝関節のサプリメントの分野では、日本で初めて機能性表示食品としての資格を取得した商品です。

この資格を取得するまでにはかなり高いハードルがあり、その1つが臨床試験というものです。

この試験において確かな成果がみられなければ、機能性表示食品としての資格は得られません。

ひざサポートコラーゲンの臨床試験は、膝関節に痛みのある40才から78才の男女29名を対象としたものです。

■29名の膝関節痛の被験者を使って。

ひざサポートコラーゲンの臨床試験ではこの29名を2つのグループに分けています。

1つはひざサポートコラーゲンの有効成分であるコラーゲンペプチドが入った当商品を飲ませ、もう一方のグループには、プラセボというひざサポートコラーゲンの有効成分が入っていないものを飲ませています。

6週間毎日、1日あたり5グラムを飲み物に溶かして飲ませつづけた結果が、ひざサポートコラーゲンのメーカーのサイトにも掲載されています。

その結果、4週間後には膝関節の曲げ伸ばしが楽になったという被験者が出始めています。

■試験開始の8週間後には膝関節の曲げ伸ばしが緩和した被験者数が増え、16週間が過ぎてもそのスコアが下がることはなかったと公表されています。

こうした臨床試験はメーカーが自主的に行ったもので、消費者庁や厚生労働省が立ち会ったり実施したりしたものではありません。

しかし第三者の科学者組織が極秘裏にレポートを検証するなどして、最終的にお墨付きが与えられています。